中部チェルカーシの目の不自由な市民、ウクライナ軍のために毎日迷彩ネット作り

中部チェルカーシの目の不自由な市民、ウクライナ軍のために毎日迷彩ネット作り

写真
ウクルインフォルム
ウクライナ中部チェルカーシの目の不自由な市民、パウロ・チェペリさん、イーホル・プロツュクさん、アンドリー・メジャニクさんは、毎日ウクライナ軍のために迷彩ネットを編んでいる。

19日、チェルカーシ市議会社会政策局がフェイスブック・アカウントにて伝えた

ボランティアのハリーナ・ティモシェンコさんは、「以前彼らは民芸センターで陶芸をしていた。私は彼らに、陶芸ができるなら、座って編むこともできるでしょう」と話した。「(はじめてみると)彼らは、とても上手に(迷彩ネットを)編むのだ! 彼らがどれだけ上手に編んでいるか見て欲しい。そして、教えて欲しい。目の不自由な人ですら戦っているこの国に、ロシアはどうやったら勝利が期待できるのか」と発言した。

市議会は、チェルカーシ市の軍支援センターには、毎日市民が何十という迷彩ネットを持ち運んでくるとし、他にも多くのボランティア団体が活動していると伝えた。

迷彩ネットは、ウクライナ軍が軍事機材を隠す際や、検問地点などで用いられている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-