キーウ市内で襲撃された記者への支持表明集会開催

キーウ市内で襲撃された記者への支持表明集会開催

写真
ウクルインフォルム
17日、キーウ(キエフ)市内の内務省建物前にて、取材中に襲撃を受けた、ニュースサイト「ブクヴィ」のカメラマン記者オレクサンドル・クジェリニー氏への支持を表明する集会「記者に安全を 襲撃者に罰を」が開催された。

集会には、複数の報道機関から数十人の記者やカメラマンが参加した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

集会参加者は、「安全はどこだ?」「判決はどこだ?」「記者はサンドバックじゃない」「記者に安全を!襲撃者に罰を!」と書かれたプラカードを掲げていた。

集会を企画したブクヴィの記者スタス・コズリューク氏は、「今回の出来事は、カメラマンに限った話ではなく、全ての記者に関係すること、私たちの仕事をする権利に関わることだ。私たちは、警察が彼らのすべきこと、『安全』を守る仕事を開始することを要求している。記者に関係する事件が裁判所で何年間も審理され、しかもその結果判決が出ないというのは異常だ。私たち記者は、客観的捜査がないのであれば、記者たちは危険の中に置かれると考えている。私たちは、記者への暴行が今回こそ罰せられることを要求している。私たちは、専門的仕事の権利を要求しているのだ」と発言した。

集会に参加したカメラマンたちは、内務省のドアの前に記者への暴力に対する抗議の意を象徴として、カメラを地面に置いてみせた。

これに先立ち、14日、民族主義政党「国家軍団党」やその他民族主義勢力の代表者が、「降伏を止めろ」と題する抗議集会を開催。その後、集会を撮影していたブクヴィのカメラマン記者オレクサンドル・クジェリニー氏が集会参加者から暴行を受けていた

15日、治安機関は、クジェリニー氏に暴行をした容疑をリヴィウ氏出身者2名に伝達している。両容疑者への未決囚予防措置は、17日にキーウ市ペチェルシキー地区裁判所が選択する予定。

写真:オレーナ・フジャコヴァ/ウクルインフォルム


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-