歌手アリョーナ・アリョーナ、ソフィア広場のドリフト走行跡洗浄に参加

歌手アリョーナ・アリョーナ、ソフィア広場のドリフト走行跡洗浄に参加

写真・動画
ウクルインフォルム
ラップ歌手のアリョーナ・アリョーナさんは11日、自らの参加したRed Bullウクライナ社のドリフト走行撮影により、キーウ(キエフ)市内ソフィア広場の石畳が汚れたことを受け、自ら洗浄作業に加わった。

ウクルインフォルムの記者が伝えた。

アリョーナ・アリョーナさんは、ウクルインフォルムに対し、「私たちは、Red Bull社がインスタグラムの謝罪ストーリーの投稿以外、状況や、(撮影の)許可があったのかどうかについて公式な情報を提供しないためにここに来た。私たちは、言葉ではなく、行動で活動することに決めた。なぜなら、私はここにいたのであり、全てを目にしていたからだ。ただ、私は全ての許可が取ってあり、全てすぐに洗浄するのだと思っていた」とコメントした。

同氏はまた、ドリフト跡を速やかに除去できる洗浄業者を呼んだと発言した。

加えて同氏は、Red Bullウクライナ社に対して、事件について「インスタグラムのストーリーを公開する」だけではなく、公式コメントを出すように呼びかけた。

これに先立ち、10日、キーウ市内のユネスコ世界遺産リストに加わる聖ソフィア大聖堂前の広場(ソフィア広場)にて、Red Bullウクライナ社の宣伝撮影のためにドリフト走行が行われ、広場の石畳が激しく汚されていた。トカチェンコ文化情報政策相は、許可のない撮影であったとして強く批判した上で、詳細な調査を警察と市自治体に要請していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-