数千のペンギンがウクライナの南極基地周辺に出現

数千のペンギンがウクライナの南極基地周辺に出現

写真
ウクルインフォルム
ウクライナの南極基地「ヴェルナツィキー基地」の周辺に大量のペンギンが観測された。

18日、国家南極学術センターがフェイスブック・アカウントにて伝えた

発表には、「この7月、南極調査員は、極めて多くの冬のペンギン集結を確認した。基地から半径20キロ圏内の複数の島にて、何百、何千の個体が見られ、水中でも同時に何百のペンギンが泳ぐのが観察できた。亜南極のペンギン(ジェンツー)か、アデリーペンギンだ」と書かれている。

写真:オクサーナ・サヴェンコ/国家南極学術センター

センターは、ウクライナは夏だが、南極は冬であるとし、ペンギンたちは通常、食事のために開けている(凍っていない)海を求めてより北に向かうと説明した。同時に、今冬は気候変動によって気温が上がっていることにより、基地のあるウィルヘルム群島の開けた海でもペンギンが観測できているという。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-