ウクライナのコロナ感染状況、最も低い「緑」評価

ウクライナのコロナ感染状況、最も低い「緑」評価

ウクルインフォルム
ウクライナ国内の新型コロナウイルス感染状況は10日現在、首都キーウ(キエフ)はじめ、全地域にて、政府の定めた4段階評価(緑・黄・橙・赤)中最も感染程度の低い「緑」と評価されている。

10日、保健省ウェブサイトの感染状況一覧表が更新された

保健省の情報では、コロナ患者の入院者やコロナ病床使用率はいずれも「緑」評価の水準を超えていないことが示されている。

ウクライナ全土のコロナ感染水準は、10万人中69人。9日時点の入院レベルは、10万人中14.7人。酸素吸入設備のある病床の使用率は16.3%。

キーウ市では、コロナ感染水準は、10万人中161人。入院レベルは、10万人中12.九人。酸素吸入設備のある病床の使用率は9.7%となっている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-