国外旅行が難しい中、カルパチア山脈最長398キロツアーが注目を集める

国外旅行が難しい中、カルパチア山脈最長398キロツアーが注目を集める

写真
ウクルインフォルム
新型コロナウイルス感染症拡大により、国外旅行へ出かけるのが困難な中、西部ザカルパッチャ州では、カルパチア山脈のトレッキングコース計398キロメートルのルートが注目を集めている。

ガイドを務めるアリサ・スミルナさんがウクルインフォルムの記者に伝えた。

スミルナさんは、「ザカルパッチャ観光ルート398キロを全て歩くというアイデアは、私たちが防疫期間中に思いついたものです」とし、現在、防疫措置により今のところ国外旅行はまだ難しいことから、このプロジェクトには多くの人が参加しているという。

プロジェクトは、夏の間の休日を利用して、11回に分けて行われるという。これまでにすでに2段階を歩き終えたところであり、現在5月15日に出発する3段階目のルートの参加者登録が行われており、1日かけてウジョツィキー峠を歩くいう。ツアーの申し込みは、オンラインで可能となっている

スミルナさんは、このプロジェクトは、夏季全体を通じて行われるものであり、参加者は特注のパスポートにどの段階を歩いたかがわかるスタンプが押されるとのこと。11段階はいずれも週末に予定されているという。

スミルナさんは、「大半のルートは、1、2日かかる10数キロのものです。しかし、今後、夏になれば、3日間かかる困難なルートもあります」と説明した。

写真:アリーナ・スミルナ氏提供

またトレッキングでは、地域を知るために、村に博物館があれば中に入り、地元の料理や食材も食べて歩くのだという。「私たちが第2段階ルートでベレズナ地方で食べた『トリニ・パイ』は、私は、将来ザカルパッチャ地方のバノシュに次ぐ第二の名物になることを期待しています」と述べた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-