被占領下クリミアで27の報道サイトがアクセス禁止 ウクルインフォルムも

被占領下クリミアで27の報道サイトがアクセス禁止 ウクルインフォルムも

ウクルインフォルム
クリミア人権保護グループは、被占領下クリミアでアクセスが禁止されているサイトは現在少なくとも27あると報告した。

クリミア人権保護グループがモニター結果をフェイスブック・アカウントにて伝えた

今回のモニター分析により、クリミアにおける12の自治体の少なくとも12のプロバイダーにて、20以上のウクライナのサイトへのアクセスがブロックされていたことがわかったという。アクセスが禁止されているのは、ウクルインフォルム、ツェンゾール.ネット、QHA、スレド.ネット、情報抵抗、UAinfo、黒海ニュース、アポストロフ、グラフコム、ホロウネ、市民ラジオ、報道調査センター、詳細、ストリチカ、トネト、TSN、デポ、ウクラインシカ・プラウダ、PBKウクライナ、週の鏡、ヘルソン・デイリーだったという。

その他、リンケディン、クリミア・タタール民族代表機関「メジュリス」、エホバの証人、ウクライナ一時的被占領地再統合問題省、イスラム解放党のウェブサイトもアクセスが禁止されていたと発表された。

今回の調査は、2021年2月〜3月にクリミアの12の自治体で実施されたもの。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-