ウクライナの100歳の女性、コロナ感染から快復

ウクライナの100歳の女性、コロナ感染から快復

写真
ウクルインフォルム
西部チェルニウツィー市第1市営病院にて、100歳のマリヤ・ティホニウナさんが新型コロナウイルス感染症から快復した。

女性は、肺炎を起こし、しばらくの間酸素吸入を必要としていた。同病院のオレーナ・クラピヴィナ医師がウクルインフォルムの記者に伝えた。

医師たちは、ティホニウナさんの家族全員が3月上旬にCOVID-19に感染し、ティホニウナさんは2週間前から第1病院に入院していたと伝えた。

クラピヴィナ医師は、「ティホニウナさんは当時、中度の症状で、肺の30%がダメージを受けていました。その後、症状が悪化。数日にわたり、酸素吸入を受けていました。しかし、その後、症状が改善し、彼女の器官は素早く病気を克服しました」と伝えた。

医師は、ティホニウナさんには併存疾患があったが、彼女のような年齢の場合、それは珍しくないことだと述べた。

また、ティホニウナさんの快復の暁には、「私たちは、チーム全員で、マリヤ・ティホニウナさんのためにお祝いを計画し、花束を用意しました。こういうことは珍しいのです。私たちは大変嬉しいですし、彼女自身も退院の日をとても喜んでいます」と伝えた。

超音波診断は、回復の傾向を示し、PCR検査でも陰性となったとのこと。なお、ティホニウナさんは、以前は病院で看護師として働いていたという。彼女は、病院に入院するのは、生まれて初めてだと述べていたとのこと。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-