キーウ市、20日から強化防疫措置施行

キーウ市、20日から強化防疫措置施行

ウクルインフォルム
キーウ(キエフ)市は、3月20日0時から、厳格な防疫制限措置を施行する。これにより、文化施設、映画館、劇場、美術館・博物館は休業となる。

18日、ヴィタリー・クリチコ・キーウ市長が記者会見時に発表した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

クリチコ市長は、「感染の飛躍的増加を止めるべく、市の非常状況委員会は、3月20日0時から、つまり土曜未明から、キーウに厳格な防疫制限措置を施行する決定を下した」と発言した。

市長は、キーウ市医療機関の病床利用率は現在70%だと伝え、「ウイルス拡散状況は、誇張なく危険な状況だ。政府は、キーウを赤圏(編集注:分類上感染拡散程度が最も高い地域)に加えていない。私たちは、橙圏にいる」と発言した。

公共機関に関しては、「首都の公共交通機関は、通常運行するが、乗客輸送・マスク着用の厳格な規範が導入される。乗車率は50%となる」と発言した。

これら制限は、4月9日まで続くとのこと。

20日以降導入される禁止事項は、

・文化施設の営業(映画館、劇場、美術館・博物館、コンサートホール)

・商業娯楽施設営業(食料品店・薬局、動物用品店、衛生用品店等除く)

・宗教行事実施制限(1人あたり10平方メートル以上が確保されなければ実施不可)

・大規模行事開催禁止(娯楽、スポーツ、文化、宣伝等行事)

・スポーツ行事会場への観客入場

その他の制限項目は、以下のとおり。

・飲食店は、持ち帰りのみ。

・ガソリンスタンドは、飲食コーナー部分以外は営業。

・美容室・理髪店は事前予約のみ営業可。フィットネス、スポーツジムも同様だが、グループでのレッスンは禁止。

・幼稚園は継続開園。学校は、長期休暇後に遠隔で授業実施。

・民間企業は、最大限遠隔業務に移行すべき。重要インフラ企業は例外。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-