親露テレビ3局への制裁、49%が支持

親露テレビ3局への制裁、49%が支持

世論調査
ウクルインフォルム
最新の世論調査では、親露的内容の放送で知られた112ウクライナ局、ニューズワン局、ジク局への制裁決定を支持すると回答したのは49%であった。

10日、レイティング社が2月6〜8日に実施した世論調査結果を発表した

ゼレンシキー大統領が国家安全保障国防会議(NSDC)による3局に対する制裁発動の決定を発効させたことを知っているかとの設問には、78%が「知っている」と回答、21%が「知らない」と答えた。

他方、同決定を支持するか、との設問には、49%が支持する、41%が支持しない、と回答が大きく分かれた。同時に、制裁発動直後の調査結果(支持する42%、支持しない47%)と比べて、支持が増加する結果となっている。

同時に同発表には、「重要なことは、決定を知っている回答者の間では、決定を支持する者が多く(57%)、批判者の方が少ない(37%)ことである」と書かれている。

加えて、国益を損なう活動を行う個人・法人に対する国家による制裁を支持するか、との問いに対しては、72%が支持すると回答した(46%が完全に支持、26%がどちらかといえば支持)。

さらに、これらの個人・法人がテロ活動あるいは分離主義に関与している証拠がある場合の制裁への支持を尋ねたところ、支持が85%とさらに増加した(67%が完全に支持、18%がどちらかといえば支持)。

今回の世論調査は、レイティング社が2021年2月6日から8日にかけて、ウクライナ全土(被占領地除く)の18歳以上の人物2500名に対して、CATI方式(Computer Assisted Telephone Interviewing)で実施したものであり、理論的誤差は最大±2.0%だと発表されている。

これに先立ち、2日、ゼレンシキー大統領は、NSDCの2月2日付決定を発効させる形で、ロシア連邦のプーチン大統領の宗教上の親族であるヴィクトル・メドヴェチューク最高会議議員に近いタラス・コザーク同議員と、コザーク議員所有のテレビ局である112ウクライナ局、ニューズワン局、ジク局に制裁を科していた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-