露裁判所、クリミア住民3名に13〜18年実刑判決

露裁判所、クリミア住民3名に13〜18年実刑判決

ウクルインフォルム
ロシアの裁判所は12日、2019年6月にクリミアにて拘束されたクリミア・タタール人3名に13年から18年の厳格収容所収容の実刑判決を言い渡した。

リュドミラ・デニーソヴァ最高会議(国会)人権問題全権がフェイスブック・アカウントにて伝えた

デニーソヴァ氏は、「クレムリンの弾圧システムは、ウクライナ国民に対する粛清を継続している。ロストフ・ナ・ドヌーの南部軍管区裁判所は、クリミアのビロヒルシキー地区住人であり、2019年6月10日に『テロ活動実施』と『イスラム解放党』への参加の容疑で拘束されたクリミア・タタール人に対して違法な判決を下した。ロシアの裁判所はたった今、クリミア・タタール人のエンヴェル・オメロフ氏に18年、リザ・オメロフ氏に13年、アイデル・ジャパロフ氏に16年の厳格収容所での懲罰刑という自由剥奪を言い渡した」と書き込んだ。

また同氏は、判決によれば、それぞれが最初の2年間は監獄にて拘束されることになると説明した。

同氏は、今回の判決は違法であり、国際法規範に反するものだと強調した。

写真:デニーソヴァ人権問題全権(フェイスブック)


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-