クリミアで政治囚を応援するオンラインパフォーマンス開始

クリミアで政治囚を応援するオンラインパフォーマンス開始

写真
ウクルインフォルム
被占領下クリミアにて、占領政権により「イスラム解放党」関与の容疑で拘束されている人々を応援するオンラインパフォーマンスが始まった。

市民記者ネットワーク「クリミアの連帯」がフェイスブック・アカウントにて伝えた

参加者は、自身のフェイスブック・アカウントにて、拘束されているクリミアの政治囚であるエンヴェル・オメロフ氏、リザ・オメロフ氏、アイデル・ジャパロフ氏の解放を求めるメッセージを掲げた自身の写真を掲載した。

⚡️ФЛЕШМОБ В ПОДДЕРЖКУ БЕЛОГОРСКОЙ ГРУППЫ В Крыму начался флешмоб, инициированный семьями политических заключённых...

Опубліковано Крымская солидарность Неділя, 27 грудня 2020 р.

これに先立ち、12月23日、ロシア連邦南部軍管区裁判所にて、「イスラム解放党」関係の容疑がかけられている通称「ビロヒルシク・グループ」(編集注:類似の容疑で拘束された人々のうち、ビロヒルシク市で拘束された人々を指す)、禁錮刑など13〜19年を求刑していた。

なお、クリミアでは、2014年のロシアによる占領後、クリミア・タタール系住民が「イスラム解放党」に関与したとの容疑で拘束される事例が続いている。イスラム解放党は、ロシアでは2003年から活動が禁止されているが、ウクライナを含め多くの国では禁止されていない。

2019年7月18日、欧州議会は、ロシアに対して、クリミアで拘束された人物を含む、全てのウクライナ国民政治囚を解放するよう要求する決議を採択している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-