大統領夫人、学校給食改革を継続 新メニューを準備

大統領夫人、学校給食改革を継続 新メニューを準備

写真
ウクルインフォルム
教育機関の食事システム改革作業部会は、給食メニューの準備を始めている。

8日、オレーナ・ゼレンシカ大統領夫人がフェイスブック・アカウントにて伝えた

ゼレンシカ氏は、「おいしい、体に良い、バランスが取れている。これら全てが教育機関の新しいメニューについて言える。専門的な作業部会がそのメニューに取り掛かっている。教育機関の食事システム改革作業は続いており、メニュー作りという次の段階に移行した」と発言した。

同氏は、高品質メニュー作りには、保健省の専門家、料理家のイェウヘン・クロポテンコ、市民団体代表、食事・児童医療などの専門家が加わっているという。

同氏は、現在サンプルメニューを作成しているところだと伝えつつ、「これはウクライナにとっての新しい経験である。私は、ウクライナの学校にもうすぐ新しい、現代的な児童向け食生活の基準が機能することになることを非常に嬉しく思っている」と発言した。

なお、オレーナ・ゼレンシカ大統領夫人は、2019年10月に訪日した際、東京都港区の笄小学校を訪問し、学校の栄養士の方と日本の給食について話をしたり、調理室を見学したりしている。

写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-