コンスタンティノープル全地総主教、ホロドモール犠牲者を追悼

コンスタンティノープル全地総主教、ホロドモール犠牲者を追悼

動画
ウクルインフォルム
11月28日、トルコ首都イスタンブルにて、ヴァルソロメオス1世コンスタンティノープル全地総主教がソ連政権によるウクライナでの人為的大飢餓ホロドモールの犠牲者の追悼行事を行った。

追悼は、ウクライナにおけるホロドモールからの87年経過に合わせた聖体礼儀の際に行われた。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

ヴァルソロメオス1世全地総主教は、20世紀は人類史における最も悲劇的な世紀であったとみなせると指摘し、第一次世界大戦、第二次世界大戦に加えて、その他にも悲劇は起きているのだが、社会にてあまり知られていないものや、ほとんど無視されている悲劇もあると指摘した。

全地総主教は、「その中には、ホロドモール、ウクライナにおける大飢餓もあり、覚えておくべきである。ソ連の最悪の時代、飢餓により700万から1000万の無実のウクライナ人を殺害することを目的としたものだ。1932~33年、その犠牲者を私たちは今日、祈りにより追悼する」と発言した。

全地総主教は、私たちはこのような恐ろしい悲劇を忘れてはならず、代わりにそのような残酷な行為が人類史において繰り返されることのないよう、ホロドモールに罪のある者を非難しなければならないと強調した。

なお、ウクライナでは、毎年11月第4土曜日は、ホロドモール犠牲者追悼の日と定められている


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-