改正道路交通ルールが発効

改正道路交通ルールが発効

ウクルインフォルム
25日、閣僚会議(内閣)による改正道路交通ルールが発効した。

オレクシー・ビロシツィキー交通警察局副局長がフェイスブック・アカウントにて伝えた

発表によれば、今回の改正により、タクシーの運転手と乗客、及び運転教習指導者は、運転中シートベルトの着用が義務となる。この改正を受けて、タクシー運転手は、助手席と後部座席にシートベルトを配備することが義務付けられる。

シートベルト着用の義務対象外となるのは、身体に障害がある運転手・条約で、物理的に着用が不可能な場合と、緊急輸送車両の運転手と乗客に限られる。

また、ナンバープレートの外観に関する規定が変更され、サイズや形、色の変更、設置場所、追加的物質の付着や覆い隠す行為が禁止される。ナンバープレートは、可視化できる状態に保つ必要がある。

また、自転車利用者については、公共交通機関用のレーンの走行が許可される。

歩行者に関しては、視界の悪い条件下での反射材の用いられた物品の着用が義務付けられる。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-