日本郵便、ウクライナと日野市協力のオリジナル・フレーム切手発売へ

日本郵便、ウクライナと日野市協力のオリジナル・フレーム切手発売へ

写真
ウクルインフォルム
日本郵便株式会社は、11月9日よりオリジナル・フレーム切手「ウクライナ×日野市 ホストタウン フレーム切手」の販売を開始する。

在日ウクライナ大使館がフェイスブック・アカウントで伝えた

東京都日野市は、東京2020オリンピック協議大会に向けて、ウクライナのホストタウンに登録されており、空手競技チームの事前キャンプをの受け入れを行っている。

ウクライナ大使館は、11月9日から、日本郵便株式会社東京支社がオリジナル・フレーム切手「ウクライナ×日野市 ホストタウン フレーム切手」の販売を開始するとし、「このプロジェクトは、在日ウクライナ大使館、日野市及び日本郵便株式会社との協力により実行されました」と伝えた。

ウクライナの写真は、ウクライナ国営通信社『ウクルインフォルム』とウクライナの写真家ヴィイェチェスラヴ・ブリシャジュヌーク氏が提供したとのこと。

日本郵便株式会社のウェブサイトには、「ウクライナ×日野市 ホストタウン フレーム切手」は、日野市内の郵便局および東京中央局、大手町局(計19局)での販売は11月9日からとなっており、「郵便局のネットショップ」での取り扱いは11月15日からとなっていると書かれている。申し込み受付数は500シートであり、1シート920円で販売されると説明されている。

切手シートには、ウクライナの愛のトンネル(クレヴァニ)やつばめの巣城(クリミア)、日野市の百草園の梅や高幡不動尊五重塔の写真が掲載されている。

フレーム切手デザイン:日本郵便
フレーム切手デザイン:日本郵便


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-