保健相、ロシア製新型コロナワクチンの購入予定はないと明言

保健相、ロシア製新型コロナワクチンの購入予定はないと明言

ウクルインフォルム
ロシアが開発したと発表した新型コロナウイルスのワクチンは全ての臨床実験を終了したものではないため、ウクライナ政府は購入しない。

14日、マクシム・ステパノウ保健相がテレビ出演中に発言した。24局が伝えた

ステパノウ保健相は、ロシアにて話されているワクチンは第三段階をはじめ、臨床実験の全ての段階を通過したという確認が世界中で取れていないと指摘し、「現在、ロシアのワクチンを購入するかどうかというのは、議論対象にもなっていない」と強調した。

同相は、多くの製造会社がワクチン製造を行なっており、現在ようやく最終段階に入っているところだと指摘した。さらに、大臣は、どのようなワクチンも安全性が理解できてはじめて、国民に推奨できるようになると述べた。

これに先立ち、本年8月中旬、ロシア連邦のプーチン大統領うが、ロシアにて新型コロナウイルスの最初のワクチン「スプートニク5」を登録したと発表していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-