キーウ市に国内最長1400メートルの桜並木が登場

キーウ市に国内最長1400メートルの桜並木が登場

写真
ウクルインフォルム
キーウ(キエフ)市ドニプロウシキー地区にて、国内の記録を登録するプロジェクト「ウクライナ記録本」の代表者が、ウクライナ国内最長の桜並木の登録を行った。登録された桜並木は、1402メートル25センチ。

キーウ市行政府広報室が発表した

植樹が行われたのは、同地区のヴェルホウノイ・ラーディ大通り沿い。市行政府のマリーナ・ホンダ副長官は、来年キーウ市と京都市が姉妹都市提携50年を迎えることを喚起し、今回の最長の桜並木の誕生につき、観光客を引き寄せる効果への期待を述べた。また、ホンダ氏は、「観光客が市内中心部を訪れることに慣れてきたが、今後は観光客はドニプロウシウキー地区も訪れ、この素晴らしい並木を自分の目で見るべきである。これは個性的な桜並木だ。なぜなら、ここには色々な種類の桜が育っていくのであり、中には年に複数回咲くものもある」と指摘した。

写真:イェウヘン・コテンコ/ウクルインフォルム

また、記録の登録の前には、日本大使館の大塚公使参事官が行事に参加し、行政府の方々とともに桜の木の植樹を行った。

今回の植樹で植えられたのは28本の桜の木であり、これによりこの通りの桜の木は268本となった。今後、更に植樹を進め、最大500本まで増やすことを計画しているという。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-