米国にて、ウクライナ米国共同開発ロケットエンジンの試運転実施

米国にて、ウクライナ米国共同開発ロケットエンジンの試運転実施

動画
ウクルインフォルム
ウクライナの実業家マクシム・ポリャコウ氏所有の米企業「ファイアフライ・エアロスペース」社はmロケットエンジン「α(アルファ)」の試運転に成功した。

20日、同社がフェイスブック・アカウントにて伝えた

試運転ステージ1にて、4つのエンジン「Reaver」を35秒間稼働させ、排気を押し込め、他設備への影響を防ぐフレイム・ディフレクターの耐久度が確認された。

同社は、今回の試運転につき、「フィアフライの最初の飛行に向けた重要な一歩だ」と伝えた。

現在エンジンは、米カリフォルニア州ヴァンデンバーグのロケット射場にある。ロケットの最初の打ち上げは、2020年10月末の予定。

ファイアフライ・エアロスペース社は、民間の航空宇宙企業であり、米国テキサス州オースティン市とウクライナのドニプロ市にオフィスを有している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-