オデーサ映画スタジオ、歴史映画『ハジベイ要塞』の予告編を公開

オデーサ映画スタジオ、歴史映画『ハジベイ要塞』の予告編を公開

動画
ウクルインフォルム
オデーサ映画スタジオは、ウクライナ南部オデーサ市の歴史を描いたウクライナ、トルコ、ジョージア合作映画『ハジベイ要塞(Фортеця Хаджибей)』の予告編を公開した。

制作を支援するウクライナ国家映画庁が発表した

舞台は、18世紀のロシア・オスマン戦争(露土戦争)時の黒海北岸。「ハジベイ」とは、ロシア帝国が「オデーサ」と改名する前のその町の名前である。その地で、ウクライナ・コサックのアンドリーは、イスタンブルへと重要な情報を届けることになっていた。そのために、彼は恋人であるトルコの美女ファティマの父を牢獄から解放しなければならなくなる。若い二人は、危険な作戦を始める。

映画の制作には、ウクライナ国家映画庁の支援を受けているオデーサ映画スタジオを中心に、ジョージアのジョージアン・インターナショナル・フィルム、トルコのAISIフィルム、ウクライナのテルノーピリ映画委員会、インサイトメジアが参加している。

監督は、コスチャンティン・コノヴァロウ氏。ジョージアのミルザ・ダヴィタヤ氏やトルコのエルダル・クチュク氏、オンデル・アスル氏らがプロデューサーとして参加している。出演は、オレクサンドル・ソコロウ、デレン・タル、イラクリー・マルアシュヴィリ、カテリーナ・シェウチェンコ、ユルダエル・オクル、オレフ・シモネンコ、オレクサンドル・ポロヴェツら。

撮影は、オデーサ州のビルホロド・ドニストロウシキー要塞や黒海沿岸、ドナウ川などで行われたとのこと。

ウクライナでの上映開始は2020年10月15日となると発表されている。

写真:24局


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-