被占領下クリミアにて、占領政権治安機関が4名クリミア・タタール系住民を拘束

被占領下クリミアにて、占領政権治安機関が4名クリミア・タタール系住民を拘束

写真
ウクルインフォルム
31日、ロシアにより被占領下にあるウクライナ南部クリミアの4つの自治体にて民間人住宅に家宅捜索が行われ、4名のクリミア・タタール系住民が拘束された。

市民記者ネットワーク「クリミアの連帯」の活動家であるルトフィエ・ズジイェヴァ氏がフェイスブック・アカウントにて伝えた

ズジイェヴァ氏は、「クリミアの少なくとも4つの自治体のクリミア・タタール人住宅にて現在家宅捜索が行われている」と書き込んだ。

同氏は、具体的に家宅捜索が行われているのは、ニジニョヒルシキー地区ロズリヴィ村のアイデル・カディロフ氏(「クリミアの連帯」と「グラニ・ル」の記者)、スダク市のリダヴァン・ウメロフ氏(活動家、聖職者)、スダク地区ソニャチナ・ドリーナ町のアイデル・アブリャキモフ氏(活動家)、ソヴェツキー町のエンヴェル・トプチャ氏の自宅だと伝えた。

そして、同氏はまた、これら4名全員が拘束され、シンフェローポリ市にあるロシア連邦保安庁(FSB)の建物に連行されたと報告した。

なお、クリミアでは、2014年のロシアによる半島占領開始後、占領政権により多くの住民が不当に拘束されている。拘束される者の大半は、クリミア・タタール系住民。最近では、7月7日、クリミアの4つの自治体のクリミア・タタール系住民の自宅にて家宅捜索が行われ、7名が拘束されていた。

写真:クリミアの連帯


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-