「クリミアはいつも心の中に」 著名人30人がクリミアの近くで思い出を語る

「クリミアはいつも心の中に」 著名人30人がクリミアの近くで思い出を語る

動画
ウクルインフォルム
クリミア出身者ら30人が著名人がクリミア半島の思い出を語る。

独立記念日に合わせて公開された動画「クリミアはいつも心の中に」が、クリミアまで2キロに位置する南部ヘルソン州アラバト砂州にて撮影された。

動画30人の著名人たちが、クリミアを望みながら、それぞれが「自分にとってのクリミア」について語っている。

「私にとってのクリミアは、喪失の象徴ではない。そこは、いつか私が自らの親しい人と会うための場所なのだ。」

「クリミアは、今でも私のことを待っている、私の母だ。」

「フェオドシヤから、私は自分の長女を連れてきたの。」

「私が思い出すのは、マルメロとアーモンドの木のある祖父の家だ。」

動画は、「私たちは必ず戻る。いつか、私たちは戻る。だって、クリミアはウクライナなのだから」とのメッセージで締められている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-