被占領下ドンバス地方の出来事を映画に 『忘れられた人々』9月公開へ

被占領下ドンバス地方の出来事を映画に 『忘れられた人々』9月公開へ

動画
ウクルインフォルム
ダリヤ・オニシチェンコ監督による、ウクライナ東部の被占領下ルハンシク州の人々を描いた映画『忘れられた人々』(Забуті)が、本年9月3日からウクライナ全国の映画館にて上映される。

制作会社アルトハウス・トラフィックがウェブサイト上で発表した

映画説明文には、「これは、自らが何者であるかを忘れなかった人々、私たちが忘れてはならない人々の愛の物語だ。戦争が、心に残る景色、知り合いの人々、当たり前の生活といった、あらゆるものを破壊する中で、残されるのは、こぶしを握り、自らを破壊させないようにすることだけである。その闘いが、教師のニーナと17歳のアンドリーを一つにした。彼らの間に燃え上がった情熱は、あちこちで起きているあらゆる狂乱に対する唯一の武器なのかもしれない。映画のストーリーは、現在の出来事を示しているだけでなく、愛ができることを示す試みでもある」と書かれている。

また同映画は、ウクライナとスイスの合作であり、ウクライナ文化省とスイス文化連邦局の支援を受けて制作されたと発表されている。

THE FORGOTTEN by Daria ONYSCHENKO. International trailer from directory films on Vimeo.

『忘れられた人々』予告編 英語字幕付き

なお、『忘れられた人々』は、ワルシャワ国際映画際に出品され、「1-2」プログラムにて、審査員特別賞を受賞しているとのこと。

ウクライナでは、8月22日にキーウ(キエフ)国際映画祭「モロジスチ」にて初上映される。

また、9月3日から、ウクライナ全国の映画館にて上映が始まる。上映に際して、視覚・聴覚に障害のある人の視聴を可能とするスマートフォンの特別なアプリも用意されているとのこと。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-