東部で戦死したマトヴィーウ氏の告別式開催 ボランティア活動で有名

東部で戦死したマトヴィーウ氏の告別式開催 ボランティア活動で有名

写真
ウクルインフォルム
14日、キーウ(キエフ)市にて、10日に東部の前線にて死亡したタラス・マトヴィーウ氏の告別式が開催された。マトヴィーウ氏は、著名なボランティア活動者であり、市民団体「マイダン捜索イニシアティブ」の創設者として知られる人物。

ウクルインフォルムが伝える。

「ウクライナの英雄」の称号を持つタラス・マトヴィーウ氏の告別式は、キーウ市の独立広場にて行われた。

写真:ヘンナジー・ミンチェンコ/ウクルインフォルム

また同日の夜には、リヴィウ市でも同氏の告別式が予定されており、その後15日、同氏出身のリヴィウ州ジダチウ市にて埋葬が行われる。

マトヴィーウ氏は、7月10日に、ドンバスにてロシア傭兵の攻撃により亡くなった。その際、同氏は、2名の同僚をかばって亡くなっている。享年31歳。ダニーロ王記念第24独立機械化旅団に所属していた。

また、マトヴィーウ氏は、イヴァン・フランコ記念リヴィウ国立大学のジャーナリズム学部を卒業しており、ディヴィシ・インフォ、LB.ua、リヴィウ・ニュース工房などで記事を書いていた他、市民団体「ナロードニー・レヒオン」にてボランティアとして活動したり、マイダン第3自警団に参加したりしていた。2019年12月までは、ジタチウ地区議会の議員も務めていた。

7月13日、ゼレンシキー大統領は、マトヴィーウ氏に「ウクライナの英雄」の称号と「金星」勲章とともに付与している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-