LGBT権利主張行事「平等の行進」 ソ連時代の像に虹の旗

LGBT権利主張行事「平等の行進」 ソ連時代の像に虹の旗

動画
ウクルインフォルム
21日、キーウ(キエフ)市では、LGBT+の人たちの権利を主張する団体「キーウ・プライド」が、ソ連時代に作られた「祖国の母」像にLGBT+コミュニティのシンボルとなっている虹色の旗をドローンにて掲げた。

キーウ・プライドがフェイスブック・アカウントにて伝えた

発表には、「キーウ・プライドは、ドロナリウムとサッチ&サッチ・ウクライナと共同で、キーウ上空に大きな虹の旗を広げた。この行動は、オンライン『平等の行進』の一部であり、市のプライドを象徴化したものだ。旗をつるしたドローンが、キーウ市中心を飛び回り、ウクライナの首都の有名な記念碑の周りと飛んだ」と書かれている。

また、今年の「平等の行進」はオンラインで行われたと伝えられた。イベントでは、グーグル・マップ上に閲覧者たちがLGBT+の人々の権利を主張するスローガンとともにマークや写真などを貼り付けていた。

なお、今年の「平等の行進」は、6月21日に予定されていたが、新型コロナウイルス感染流行と防疫措置を受け、実施が延期されていた。

写真:DPA


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-