キーウ市、防疫緩和第2弾への移行条件を満たさず=保健省データ

キーウ市、防疫緩和第2弾への移行条件を満たさず=保健省データ

更新
ウクルインフォルム
保健省が発表したデータにより、キーウ(キエフ)市をはじめ複数地域において、新型コロナウイルス感染状況が5月22日以降の防疫措置緩和第2弾を始めるための条件を満たしていないことがわかった。

保健省がウクライナ全土の感染状況を示すデータを公開した

保健省のデータによれば、キーウ市の過去7日間の10万人あたりの新規感染者数は平均15.6(緩和第2弾への移行には、この数字が12未満となる必要がある)。また、病床使用率は36.12%、検査実施は10万人あたり44.77件となっている。

つまり、キーウ市は、新型コロナウイルス感染防止の防疫措置の第2弾緩和を開始する条件を満たしていないことになる。

なお、同データによれば、キーウ州をはじめ、その他の複数の州にて同様に緩和第2弾に移行する条件が満たされていない。

条件を満たしていないのは、ヴォリーニ州、ドニプロペトロウシク州、ドネツィク州、ザカルパッチャ州、キーウ州、ルハンシク州、ミコライウ州、ポルタヴァ州、リウネ州、フメリニツィキー州、チェルニウツィー州。

また、22日、キーウ州行政府広報室は、フェイスブックにて、同州は防疫措置の緩和を行わないと発表している

同発表によれば、とりわけ、過去7日間の10万人あたりの新型コロナウイルス新規感染者数が平均13.9であり、12未満となっていないと説明されている。

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-