ハルキウ市の桜並木が開花 日本年で植樹

ハルキウ市の桜並木が開花 日本年で植樹

ウクルインフォルム
外交関係樹立25周年を記念して、2017年に実施された「ウクライナにおける日本年」の際にハルキウ市ゴーリキー公園にて植樹された桜並木の桜が開花した。

5日、ゴーリキー公園管理企業のアンドリー・クラウチェンコ広報担当がウクルインフォルムの記者に伝えた。

クラウチェンコ氏は、「3年前に、外交関係樹立25年の際の『ウクライナにおける日本年』にて作られた並木の桜が咲きました。当時、日本の公式代表者たちがハルキウに80本の桜の木を植えました。その後も、ハルキウ市民が『木を植えよう』キャンペーンにて更に16本植えています。現在並木の半分の木で開花しており、これから毎日他の木も咲いていくでしょう」と発言した。

また同氏は、「ピンク色は、日本で、そして朝鮮や中国でも、春の祝い、自然の芽生え、生のシンボルです。また、日本の桜は、伝統的に女性の若さと美しさのシンボルでもあります」と述べた。

同氏は、ただし現在は防疫措置実施期間なので、桜はパソコンやスマートフォンのモニターで楽しんで欲しいと指摘し、この桜は気候が良ければ5月中旬まで見られるだろうと伝えた。

写真:ヴヤチェスラウ・マジイェウシキー/ウクルインフォルム


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-