【ブログ】医師たちの目 命を救われる患者が一生忘れないもの

【ブログ】医師たちの目 命を救われる患者が一生忘れないもの

ウクルインフォルム
今日、私は、数時間にわたり彼らと過ごした。

彼らについて、彼らがどのように仕事をしているか、多くを語ることはできる。しかし、私は、彼らの目を見て欲しいと思ったのだ。彼らの目には、しばしば疲れが見えるが、同時に、覚悟も映っている。その目は、しばしば汗で曇ったゴーグル越しに見える。その目は、命を救われた人々によって記憶される。救われる人々は、彼らの顔全体を見ることはない。この写真は、ザカルパッチャ州感染症病院の従事者たちの目だ。私たちの側にいる人々の目である。ありがとう。

セルヒー・フダク

注:ブログ筆者の見解は、通信社の立場と一致しない場合があります。

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-