ウクライナの医師たち、3週間のイタリアでの支援活動を終え帰国へ

ウクライナの医師たち、3週間のイタリアでの支援活動を終え帰国へ

写真
ウクルインフォルム
過去約3週間にわたってイタリアにて新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療支援を行なっていたウクライナの医師たちが、本日ウクライナに帰国する。

23日、イェウヘン・ペレリヒン駐イタリア・ウクライナ大使がフェイスブック・アカウントにて伝えた

大使は、「今日、ペーザロ市とウルビーノ市の病院にて約3週間にわたって活動してきたウクライナの医師たちが、マルケ州を去り、ウクライナへ帰国する」と書き込んだ。

写真:ペレリヒン大使(フェイスブック)

大使は、ウクライナの医師たちはイタリアで患者を助けながら、イタリアの医師からCOVID-19対策の重要な経験を得たとし、今後ウクライナにて役立てていくだろうと発言した。

また、大使は、イタリア側から感謝のメッセージを受け取っており、それこそが彼らの活躍への評価の証だと発言した。

これに先立ち、4月4日、ウクライナの内務省と保健省が20名の医師をイタリアへCOVID-19治療支援のために派遣していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-