ウクライナ国内研究所、国産の新型コロナ検査システムを開発

ウクライナ国内研究所、国産の新型コロナ検査システムを開発

写真
ウクルインフォルム
ウクライナ国家科学アカデミーの分子生物学・遺伝子学研究所は、新型コロナウイルス感染(Covid-19)検査システムの開発を完了した。

25日、ユーリー・ポリュホヴィチ教育科学第一次官がフェイスブック・アカウントに書き込んだ

次官は、「PCRベースのCovid-19診断テスト・システムが開発され、完全に利用できる準備が整った。このシステムは、登録が終わり、99.9%の精度が確認されている」と書き込んだ。

次官は、このシステムではPCR一つのテストのコストは250フリヴニャで、海外のものだと370〜450フリヴニャとなるとして、コスト面の優位性を指摘した。

また、次官は、研究所は国家から35万フリヴニャを受け取って、600の検査用のテストキットを準備し、保健省のジトーミル州研究所と市民健康センターに送ったと伝えた。

同時に次官は、予算が増やされれば、更なる増産が可能であり、10〜12日以内に5万のテストキットを準備することができると伝えつつ、「そのために必要なのは資金だ」と説明した。

写真:ポリュホヴィチ教育科学次官(フェイスブック)


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-