キーウ市長、市内の31件の感染事例について説明

キーウ市長、市内の31件の感染事例について説明

ウクルインフォルム
3月25日時点でキーウ(キエフ)市内にて、スピード検査キットと研究所実施のものを合わせ、計1355名が新型コロナウイルス感染(Covid-19)確認の検査を受けている。

クリチコ市長が記者会見時に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

市長は、「スピード検査と研究所にて、1355名が検査を受けた」と発言した。

また、市長は、前日キーウ市内で更にCovid-19事例が確認され、現在計31確認されていると伝えた。

市長は、24日にキーウ市が保健省キーウ市研究センターから新規に3件のCovid-19事例の報告を受けたと伝え、「感染の3名とも男性である。2名は、自宅で隔離状態で治療している。もう一人、51歳の市民は、フランスから帰ってきた人物であり、高熱があり3月21日にオレクサンドリウシカ病院に入院している」と発言した。

その他市長は、市内でCovid-19が確認された31件の内、10件は自宅隔離、30件がオレクサンドリウカ病院に入院、1名が市営第4病院に入院していると伝えた。

加えて、市長は、保健省が現在更にキーウ市の30件の感染可能性のある事例について検査を行なっていると述べた。

これに先立ち、保健省は、3月25日10時時点で、ウクライナ国内における新型コロナウイルス感染(Covid-19)事例が、新たに29件確認され、国内Covid-19確認件数は通算113件となったと発表している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-