クリミアのセメナ記者、キーウへ到着

クリミアのセメナ記者、キーウへ到着

写真・動画
ウクルインフォルム
クリミアの「裁判所」に執行猶予を解除されたミコラ・セメナ記者は、被占領下クリミアから大陸側ウクライナへ移動、19日にキーウ(キエフ)へ到着した。

最高会議の人権問題オンブズマンであるリュドミラ・デニーソヴァ氏がフェイスブック・アカウントに書き込んだ

デニーソヴァ氏は、「たった今、ゼレンシキー大統領個人の指示にて、最高会議人権問題全権事務所の職員が、キーウ鉄道駅にて、一時的被占領下クリミアでの違法拘束から解放されたミコラ・セメナ氏を出迎えた」と報告した。

デニーソヴァ氏はまた、セメナ氏は、大統領の指示により、必要な医療措置を受けることになると説明した。

なお、ミコラ・セメナ記者は、被占領下クリミアにて記者活動を続け、ラジオ・スヴォボーダ通信内プロジェクト「真実のクリミア」にて記事を発表していた人物。2017年9月22日、シンフェローポリのザリズニチニー地区「裁判所」がセメナ氏に対して、2年半の執行猶予期間と3年間の公的活動の禁止判決を言い渡した。この判決に対して、セメナ氏は、思想の自由の権利を実現していただけだと主張。ウクライナ外務省、米国務省、EU、複数国際団体は、セメナ氏に対する判決を非難していた。

2020年1月28日、同「裁判所」は、セメナ氏の無罪を認め、執行猶予を解除する決定文書を発行していた。

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-