子守唄アニメ動画「クリミア」がオンライン公開

子守唄アニメ動画「クリミア」がオンライン公開

動画
ウクルインフォルム
「子守唄の国」と題する、ウクライナ各地の子守唄をアニメーションで紹介する、ウクライナ文化基金の支援するプロジェクトの新作として、「クリミア」の子守唄動画が公開された。

4日、公共放送局が報じた

歌を歌ったのは、俳優兼映画監督のアフテム・セイタブライェフ。動画作成には、絵描きのカーチャ・スルノヴァ、作曲家のオレクシー・バカリイェウ、アニメ監督のボリス・ボルコウが参加した。

セイタブライェフさんは、今回の子守唄は、自身が子どもの時に母親から聞いたものだとし、歌の名前は「私は庭にブランコを作った(クリミア・タタール語:Bağçağa qurdım salıncaq, ayneni)」だと伝えている。

セイタブライェフさんは、「この歌は、子どものとき、母が歌ってくれたものです。当時から、手元に残っているのは、レコード一枚だけです。そのことを思い出して、私がこの世界からいなくなった時に、私の子どもにこんな録音があると良いなと思っていました。つまるところ、何かこういう録音をずっと夢見ていたのです」と思いを語った。

子守唄の国「クリミア」

なお、「子守唄の国」は、ウクライナ文化基金の公募で選ばれ、「テラサ・フィルム」社が350万フリヴニャの費用で制作しているもの。

「子守唄の国」プロジェクトは、ウクライナの民族子守唄をもとに、6つの歌のアニメーションから構成される。それぞれの約3分間のアニメーションが、ウクライナの24の州とクリミア自治共和国の文化遺産と美しさを表現する。メロディーは、現代的にアレンジされている。

今回の「クリミア」は、同プロジェクトの第2弾。これに先立ち、第1弾「キーウ(キエフ)」がオンラインで公開されている。

子守唄の国「キーウ」


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-