キーウ市内シナゴーグの壁に新しいミニ彫刻登場

キーウ市内シナゴーグの壁に新しいミニ彫刻登場

写真
ウクルインフォルム
キーウ(キエフ)市内のブロツィキー・シナゴーグの外壁に、「キーウ」の名前が歴史上初めて記述された文書を模したミニ彫刻が設置された。

17日、ニュースサイト「夕暮れのキーウ」が報じた

報道には、「キーウ中心に、新しいミニ彫刻が登場した。ショタ・ルスタヴェリ通りのブロツィキー・シナゴーグの外壁に、ミニ彫刻『キーウの手紙』が設置された」と書かれている。

これは、市内の様々な場所にキーウの歴史を象徴するミニ彫刻を設置するプロジェクト「シュカイ(探して)」の一環で設置されたもの。今回のミニ彫刻は23個目のものになるという。

プロジェクト運営者のユリヤ・ベウゼンコ氏は、歴史家たちの見解では、「キーウの手紙」は、キーウの名前が初めて記された10世紀の文書になると指摘した。この手紙のオリジナルは、ケンブリッジ大学の図書館に保管されているという。

ミニ彫刻は、この手紙のコピーとなっている。手紙には、ヘブライ語でQiyyōbと書かれている。手紙には、他都市のユダヤ教徒たちに対して、殺害された兄弟の借金により投獄されたマル・ヤコバ・ベン・ハヌッキを救うための募金を求める内容となっている。

写真:夕暮れのキーウ


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-