ウクライナ国内紹介映画「Ukraїner」の上映会が開催 オンラインでも公開へ

ウクライナ国内紹介映画「Ukraїner」の上映会が開催 オンラインでも公開へ

動画
ウクルインフォルム
ウクライナ国内を人々にあまり知られていない考古学的、民俗学的に価値のある場所を発見して伝える人気メディア・プロジェクト「Ukraїner」(ウクライナー)。11月1日、同プロジェクトの初めての本格的映画「Ukraïner. The Movie」(ウクライナー・ザ・ムービー)の上映が行われた。

ウクルインフォルムの記者が伝えた。

企画者たちは、「ウクライナー・ザ・ムービーは、欧州大陸にて、最も知名度の低い国の一つの日常生活の物語です。映画は、ウクライナの様々な場所の人々の物語、彼らの生活と日常、工芸、民芸、イニシアティブや文化を伝える内容となっています。映画に出てくる人々は、互いに繋がりはなく、彼らの世界は別々のものですが、その違いが国を一つにしています。ウクライナー・ザ・ムービーは、ウクライナで営まれる生活の一日を見せるものです」と伝えた。

予告編

企画者たちは、上映会の後、今回の映画はシリーズものの第一弾だと伝えた。上映会は、50以上の複数の場所で同時に行われ、ウクライナ以外にもポーランド、ジョージア、エストニア、イギリス、フィンランド、アメリカでも開催された。同時に、動画掲載サイト「ユーチューブ」上でもオンラインで閲覧可能となった。

本編(設定で英語等の字幕の表示が可能)

キーウ(キエフ)市内での上映会は、オレクサンドル・ドウジェンコ国家センターにて開催。上映は、2つのホールで同時に行われた。

今回の映画は、ウクライナ文化基金の支援を受けて撮影されたとのこと。

ウクライナー(Ukraїner)は、これまでにもウクライナ国内のあまり知られていない僻地などを訪れ、そこの人々、伝統工芸、ビジネスなどを伝えるメディア活動をしている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-