東部検問で警察官と志願兵が小競り合い

東部検問で警察官と志願兵が小競り合い

ウクルインフォルム
9日、東部ルハンシク州クレミンナ市にて、兵力引き離しを阻止することを目的に前線のゾロテーに向かおうとする志願兵・退役兵の一団と、警察官の間で検問所で小競り合いが発生した。

フロマツィケが報じた

「最後の検問所」と名付けられた運動の参加者たちは、自動車でゾロテーに向かっていたところ、クレミンナの検問所で止められ、現地の治安機関職員にそれ以上の進行を認められなかった。

志願兵が進行を許可するよう要求し続け、その後小競り合いに発展。警察職員は空に向け拳銃を発砲。治安機関職員1名が負傷し、医療班が治療にあたった。

これに先立ち、10月9日、退役兵、志願兵、ボランティアたちがルハンシク州ゾロテーへ兵力引き離しを阻止しに向かうと発表していた。

その他、国家軍団党のアンドリー・ビレツィキー党首(編集注:元国家警護隊アゾフ連隊指揮官)は、軍が撤退しても、退役兵がゾロテーの現場に残り続けると発言していた。

その後、警察は、「アゾフ連隊」の退役兵はほとんど全員ゾロテーを去ったと発表。

ゾロテー近郊に定められている「兵力・機器引き離し地点」での引き離しは、10月7日に開始が予定されていたが、武装集団側からの停戦違反が生じたために開始が延期されている。

なお、ウクライナ国防省は、ウクライナ軍はペトリウシケとゾロテーの2地点における兵力等引き離しを技術的に開始する準備ができていると伝えている。

写真:フロマツィケ


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-