国連人権監視ミッション、センツォフ映画監督からクリミアやロシアでの拘束状況を聴取

国連人権監視ミッション、センツォフ映画監督からクリミアやロシアでの拘束状況を聴取

ウクルインフォルム
9月7日に解放されたクリミア出身映画監督は、国連人権監視ミッションに拘束時の様子を伝えた。

7日、国連ミッションがフェイスブック・アカウントで報告した

発表には、「オレフ・センツォフ氏が私たちのオフィスに来た。(中略)私たちは、彼がクリミアやロシア連邦で拘束されていたときのことにつき話した。私たちは、過去数年間、センツォフ氏の弁護士と連絡を取り合い、彼の案件の判決の分析をしていた。私たちにとって、オレフ氏と直接会うことは、彼の事案おける人権侵害事例を文書化する上で極めて重要である」と書かれている。

また、発表によれば、センツォフ氏は、今後その他の被拘束者の支援のためにあらゆることを行っていくと述べたとのこと。

国連ミッションは、「いつもと同じく、インタビュー時に得た情報は、クリミアの人権状況の分析や、公開される報告書の作成、罪人の責任追及のための弁護のために用いられる」と伝えた。

また同ミッションは、今後、9月7日に解放された元被拘束者全員からインタビューを得るつもりだと報告した。

なお、センツォフ氏は、2014年5月にクリミアにてロシア連邦治安機関に違法に拘束され、20年の懲役刑が言い渡されていた人物。約5年間の拘束を経て、2019年9月7日、ウクライナとロシアの被拘束者交換の際に解放され、ウクライナに帰還した。

写真:国連人権監視ミッション


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-