スタニツャ・ルハンシカ橋付近にライブカメラ設置 通行・修理がオンラインで視聴可能に

スタニツャ・ルハンシカ橋付近にライブカメラ設置 通行・修理がオンラインで視聴可能に

ウクルインフォルム
ルハンシク州スタニツャ・ルハンシカ地区のコンタクト・ラインの越境に用いられている歩行者専用の橋近くにライブカメラが設置された。これにより、現在オンラインで橋の通行・修理の様子が確認できるようになっている。

18日、大統領府がカメラの設置を発表した

発表には、「ゼレンシキー大統領の指示により、スタニツャ・ルハンシカ地区のシヴェルシキー・ドネツ川にかかる壊れた橋の近くに、ライブカメラが設置された。これにより、大統領のイニシアティブで行われている橋の修繕が社会のコントロールを通じて透明にお子会われていくことになる」と書かれている。

この橋の付近のリアルタイムの映像はユーチューブで視聴可能となっている。

なお、これに先立ち、9月2日、ゼレンシキー大統領はスタニツャ・ルハンシカの壊れた橋の修理の開始を発表していた。

予定では、2019年10月11日までに臨時の迂回用の橋が設置され、11月27日までに修理された橋の開通が行われることになっている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-