ラッパーのアリョーナ・アリョーナ、「いじめ」を題材にした曲を発表

ラッパーのアリョーナ・アリョーナ、「いじめ」を題材にした曲を発表

ウクルインフォルム
ウクライナの人気ラッパー、アリョーナ・アリョーナ(本名:アリョーナ・サウラネンコ)さんは、新曲「ブーリンフ」(いじめの意)のプロモーション動画を公開した。

9日に動画が発表されると、視聴数は数時間で10万を突破した。

なお、9月4日に発表されたユニセフの調査結果によれば、ウクライナの児童の約3分の1が、インターネット上でいじめの被害にあったと述べている。

また、約59%の児童が、同級生へのいじめを目的に情報交換をするオンライン上のグループの存在を知っていると答えた。

ウクライナでは、約半年前に、行政違反法典が改正され、学校でのいじめに関する罰金等が定められた。同時に、人権保護活動家たちは、現行法は対象が狭すぎ、いじめの全体を包括していない、例えば、インターネット上での追跡行為を防ぐことができないと指摘している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-