被占領地ドネツィク州カリミウス川で大量の魚の死亡が確認 水質汚染か

被占領地ドネツィク州カリミウス川で大量の魚の死亡が確認 水質汚染か

ウクルインフォルム
ドネツィク州を流れるカリミウス川で、化学物質による水質汚染が確認された。原因は、今のところ不明である。

12日、地元ニュースサイト「ドンバス・ニュース」が伝えた

報道には、「被占領地の住民たちは、ソーシャルメディア上で、カリミウス川の魚が死んでいると苦情を述べている。『ドネツィク人民共和国保健省』は、ニジュニョカリミウシケ貯水湖の水が新たに汚染されたからだと発表した」と書かれている。

また、8月8、9日に行われた水質・化学・マイクロ生体調査の結果では、同貯水湖の水が許容値を超えていることが判明している。具体的には、匂いが3倍増、酸素消費量が1.5倍、水中物質量が2倍、石油含有量が2.5倍、フェノール類が3倍、マンガン含有量が5倍となっていると伝えられた。

さらに、大腸菌指数が、1リットルあたり700万となっているとのこと(通常は、5000以下)。

今回の水質汚染の原因は、現時点で不明であると伝えられている。

写真:ドンバス・ニュース


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-