キリスト教受容1031年:モスクワ聖庁が記念行進を実施

キリスト教受容1031年:モスクワ聖庁が記念行進を実施

ウクルインフォルム
27日、キーウ(キエフ)市内にて、キーウ・ルーシによるキリスト教受容から1031年が経過したことを記念し、ウクライナ正教会モスクワ聖庁の聖職者と信者がペチェルシク大修道院への行進を行なった。

ウクルインフォルムの記者が伝えた。

参加者はまず、オヌーフリー府主教とともにヴォロディーミル坂にて祈りを捧げ、その後、ペチェルシク大修道院へと向かった。

行事には、野党・生活党のユーリー・ボイコ議員や野党ブロック党のヴァディム・ノヴィンシキー議員も参加していた。

行進の周りは、国家警察、国家警護隊、非常事態庁の職員が警備にあたっていた。

行進主催者側は、今回の行進の参加者は30万人だと発表し、一方で、警察は、3万人だと発表した。

行事は、平穏に終了した。

なお、7月27、28日は、キーウ・ルーシによるキリスト教受容から1031年経過に合わせた記念行事が行われている。28日には、ウクライナ正教会(統一)が聖体礼儀や行進等を行なっている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-