ゼレンシキー大統領の政治問題担当顧問、ロシア連邦の改名を提案

ゼレンシキー大統領の政治問題担当顧問、ロシア連邦の改名を提案

ウクルインフォルム
ゼレンシキー大統領の政治問題担当顧問であり、最高会議選挙に人民奉仕者党から出馬しているミキータ・ポトゥライェウ氏は、ロシア連邦のウクライナでの呼称を「モスコヴィヤ(モスクワ国)」に改名することを提案した。

10日、同顧問がユーチューブ・チャンネル「ウクルライフTV」の番組内で発言した。

ポトゥライェウ顧問は、「私たちの地図の中で、かの国を『モスコヴィヤ』と呼び始めても良いだろう。それに何の障害があるだろうか?あの国(編集注:ロシア連邦)は、長らく、モスコヴィヤやタターリヤといった、別の名前を有していたのだ。彼らは源流に戻りたがっているようだから、私たちも彼らを手伝ってあげようではないか。ロシアの人たちに多様性を戻してあげよう」と発言した。

また、同顧問は、ウクライナ語を「ルーシ語」と呼ぶ可能性にも言及した。

同顧問は、「ウクライナ・ルーシは、(編集注:ロシアの述べるルーシとは)全く異なるものである。私たちは、言語(編集注:ロシア語)を改名しなければならない。例えば、ウクライナにはルーシ語があり、ロシアにはロシア語がある、といった具合だ」と発言した(編集注:ロシア語でロシア語を「ルスキー・ヤズイク」(ルーシの言語)と呼ぶことを揶揄(やゆ)した発言とみられる。ウクライナ語では、「ロシーシカ・モーヴァ」(ロシアの言語)となる)。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-