被占領下クリミアにて、クリミア・タタール追放犠牲者追悼行事開催

被占領下クリミアにて、クリミア・タタール追放犠牲者追悼行事開催

ウクルインフォルム
18日、ロシアにより占領されるクリミア半島のシンフェローポリ市にて、治安機関が監視する中で、75年前のクリミア・タタール人追放の犠牲者を追悼する行事が開催された。

「真実のクリミア」プロジェクトが中継で報じた。

報道では、「約100人、主に高齢の人々が、鉄道駅近くの記念碑の近くに集まった。民族旗を持っているものもいる」と伝えられた。

また、行事は、約20人の治安機関の監視の中で行われたとのこと。行事は、地元政権の同意を得ずに行われたという。

同日、クリミアのクラスノフヴァルジーシキー地区オクチャブルシケ町でも、同様の追悼行事が開催された。「真実のクリミア」が伝えた。

ウクライナでは、5月18日、クリミア・タタール人追放犠牲者を追悼する日に定められている。

クリミア・タタール人の追放とは、1944年、当時のソ連政権がクリミア・タタール民族全体を中央アジアに追放した出来事をいう。この追放作戦は、1944年5月18日午前3時に始められ、6月初旬まで続けられた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-