今日は「ヴィシヴァンカの日」

今日は「ヴィシヴァンカの日」

ウクルインフォルム
毎年5月第3木曜日は、ウクライナ人は民族衣装ヴィシヴァンカを着る「ヴィシヴァンカの日」を祝っている。

この日は、公式に定められた日ではないが、ウクライナ国内でだけではなく、国外で暮らすウクライナ人たち、またウクライナ文化に興味のある人々がヴィシヴァンカを着てお祝いをする習慣となっている。

ウクルインフォルムが伝える。

この習慣を最初に提案したのは、ユーリー・フェジコーヴィチ記念チェルニウツィー国立大学の歴史学・政治学・国際関係学学部の学生たちであり、2006年、彼らが、1年に1度、ヴィシヴァンカを称える日を作ろうと提案したのだった。

この祝日は、当初は一部の人々の間でのみ祝われていたものだった。しかし、2014年頃にはすでに学生の間だけではなく、国内外のウクライナ人の間で祝われるようになっていた。

ウクライナのヴィシヴァンカとは、イースターエッグ(ピサンカ)と並び、ウクライナ文化の鮮やかなシンボルの一つとされる刺繍の入った衣服である。人々はヴィシヴァンカを着ることによって、その美しさとユニークさを示すばかりでなく、長きにわたるウクライナの文化・伝統への自らの帰属も示すことができる。

また、この祝日のために5月の第3木曜日が選ばれたのは偶然ではない。提案した学生たちは、「ヴィシヴァンカの日」は、休日ではなく、あえて平日を選んだのだという。なぜなら、ヴィシヴァンカとは、今でもウクライナ人の生活と文化の一部であるからだそうだ。

この日は、伝統的にソーシャル・メディアで色々なイベントが開かれる。例えば、「最高のヴィシヴァンカ」、「最良の写真」といったヴィシヴァンカを着た写真のコンテストもある。今日、ソーシャル・メディアでは、国内外のウクライナ人たちがヴィシヴァンカを着た写真を公開していくだろう。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-