KievからKyivへ:イタリアの空港もウクライナ首都名変更 26番目

KievからKyivへ:イタリアの空港もウクライナ首都名変更 26番目

ウクルインフォルム
イタリアのベルガモ市郊外のオーリオ・アル・セーリオ空港は、ウクライナの首都キーウ(キエフ)やリヴィウの英語表記を、ソ連時代に使われていたKiev、Lvovから、現在の正式な表記であるKyiv、Lvivへ変更した。

12日、ウクライナ外務省がフェイスブック上で伝えた。

外務省は、「#CorrectUAキャンペーンに加わった26番目の国際空港である!オーリオ・アル・セーリオ空港は、Kiev、Lvov、Odessaではなく、Kyiv、Lviv、Odesaを使っていく」と書き込んだ。

なお、これまでにも、ロンドン、マンチェスター、ブダペスト、タリン、ワルシャワ、イスタンブル、ブカレスト、テルアビブ、ビルン(デンマーク)、バルセロナ、ヌルスルタンとアルマティ(カザフスタン)の空港がウクライナの英語での首都名をKievからKyivへ変更したことが判明している他、英国の一般紙ガーディアン(The Guardian)も同様にKyivを採用したことが報じられている。

情報キャンペーン「#CorrectUA」は、ウクライナ外務省が2018年10月に開始したイニシアティブ。外務省は、諸外国の機関、民間企業に対して、ウクライナの諸都市の英語表記をソ連時代のロシア語からの転写をやめ、現在正式に採用されているウクライナ語からの転写、Kyiv(キーウ)、Lviv(リヴィウ)、Odesa(オデーサ)、Kharkiv(ハルキウ)、Zaporizhzhia(ザポリッジャ)を使うよう呼びかけている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-