ウジホロド市の桜が満開

ウジホロド市の桜が満開

ウクルインフォルム
多くの桜の木が植えられていることで知られる南西部のウジホロド市にて、12日、恒例の「桜まつり」が始まった。

ウクルインフォルムの記者が伝えた。

ウジホロドの市内の桜は、今年は4月10日に開花。これから約一週間半にわたり観賞できる。

4月12日に始まった桜まつりでは、アートイベントや舞台イベント、ワインやスポーツ行事が数日間に渡って実施される。

4月12~18日にわたり、「桜の花の下で」という名の劇場芸術イベントが行われ、4月12、13日には、WOW SHOW FEST(ウォウ・ショウ・フェスト)という体操やダンスのイベントが予定されている。4月13、14日には「サクラ・ワイン」という名のワイン・フェスティバルが開催される。

観光客は、ウージュ川のそばの古都に咲く桜を観賞できる。

ウジホロドの中心部の桜は、樹齢が約100年ほどにもなる。ウジホロド市の桜の歴史は、チェコスロバキア時代にさかのぼる。ザカルパッチャ地方は、1919年から1939年までチェコスロバキアの一部であり、当時の政権が積極的にハロホウ地区(現在のウジホロド市の中心部)の開発を行っていた。同地区は良い土に恵まれていたため、当時の人々がそこに日本の「桜」と呼ばれる種を植えようと決めたのである。

桜は、ザカルパッチャ州のほかの都市でも見られる。例えば、近年は、ウジホロドの桜はムカチェヴォにも植えられている。ムカチェヴォには、長い桜並木があり、ピンクや白の桜を楽しむことができる。ほかには、ヴィノフラドウ、イルシャウ、フストでも桜が観賞できる。

写真:セルヒー・フダク、ウクルインフォルム


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-