【写真・動画】クリミアの露治安機関、クリミア・タタール人の25の家庭を同時家宅捜索

【写真・動画】クリミアの露治安機関、クリミア・タタール人の25の家庭を同時家宅捜索

ウクルインフォルム
27日朝、被占領下クリミアのシンフェローポリ市とビロヒルシキー地区にて、ロシアの連邦保安庁(FSB)が、少なくとも25のクリミア・タタール人家族の家宅捜索を行っている。

クリミア・タタール系テレビ「ATR」局が報じた。

ソーシャルメディア上には、家宅捜索が行われているのは、市民団体「クリミアの連帯」の活動家やその他の人権保護活動家の家庭だと伝えられている。

同時に、ロシア治安機関は、シンフェローポリ市の小地区や村の一般道路を封鎖している。

「クリミアの連帯」のフェイスブック・アカウントでは、家宅捜索が行われている人物のリストが掲載されている。

ラジオ・リバティー通信のプロジェクト「真実のクリミア」によれば、カムヤンカ小地区では、ロシア国家親衛隊が区画封鎖をしており、地元民の自宅への帰宅も認められていないとのこと。

占領されたクリミアでは、占領政権による、大規模な家宅捜索が続いている。その対象となっているのは、独立系記者、市民活動家、クリミア・タタール民族運動活動家、クリミア・タタール民族代表機関「メジュリス」メンバー、「ヒズブット・タフリール(イスラム解放党)」との繋がりを疑われるイスラム教徒等である。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-