米国にて、ウクライナ・アメリカ共同開発ロケット用エンジンのテスト実施

米国にて、ウクライナ・アメリカ共同開発ロケット用エンジンのテスト実施

ウクルインフォルム
米国テキサス州バーネット郡ブリッグス(Briggs、非法人地域)、航空宇宙企業「ファイアフライ・エアロスペース」社の試験場にて、ロケット「ファイアフライα(アルファ)」の第一段エンジンのテストが成功裏に実施された。ロケットの発射は、2019年12月に予定されている。

11日、ウクルインフォルムの特派員が現場から伝えた。

試験場では、エンジンはデータ収集・分析のため水平に固定されて実施された。エンジンの試運転は、約60秒に渡り行われた。開発者たちの言葉では、テストは成功裏に行われたとのこと。

ファイアフライ・エアロスペースのトム・マークジックCEOは、2019年12月のロケット発射の際には、このエンジンが3つ使われるとのこと。

ファイアフライ・エアロスペース社は、民間の航空宇宙企業であり、米国テキサス州オースティン市とウクライナのドニプロ市にオフィスを有している。ロケット本体の開発はテキサスで行われ、ウクライナのドニプロ市では、同社のウクライナ人従業員が部品の製造を行っている。

同社は2017年に経営難に陥ったが、ウクライナ人ビジネスマンのマクス・ポリャコウが買収(ポリャコウは、НоосфераとEOS Data Analyticsの創設者)。その後、ファイアフライαの開発が再開されることになった。

同社は、2021年以降に、同様のロケット2基を月に向かって発射する予定。

写真・動画:ヘオルヒー・ティーヒー


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-