【世論調査】戦争終了のための武装集団戦闘員に対する恩赦 ドンバス住民の45%が「受け入れられない」と回答

【世論調査】戦争終了のための武装集団戦闘員に対する恩赦 ドンバス住民の45%が「受け入れられない」と回答

ウクルインフォルム
「ウクライナ東部戦争の終結のために、武装集団戦闘員に完全な恩赦を与えられるか」。ウクライナ東部ドンバス地方の住民の45%が、ウクライナ軍に対する戦闘に参加した人物全てに恩赦を与えることは「受け入れられない」と回答した。

13日、「民主イニシアティブ基金」がシンクタンク「ラズムコフ・センター」とともに行った世論調査の結果が、ウクルインフォルムでの記者会見時に発表された。

同調査の結果によれば、ドンバス地方の45.4%の回答者が、ドンバス戦争の終結のためでも、ウクライナ軍に対する戦闘に参加した全ての人物に完全な恩赦を与えることは「受け入れられない」と回答したとのこと。

また、地方別に見ると、完全な恩赦を「受け入れられない」と答えた回答者は、東部41.0%、南部53.9%、中部68.4%、西部69.8%であった。

また、同設問に対して、「解答困難」と答えたのは、ドンバス地方27.7%、東部32.1%、南部28.6%、中部20.4%、西部22.8%であった。

戦争終結のために、ドネツィク・ルハンシク両州一部地域(編集注:両州被占領地域の別称)の交通封鎖を解き、同地域との貿易を再開することに賛成した回答者は、ドンバス地方62.0%、東部48.4%、南部25.3%、中部21.0%、西部13.3%であった。

今回の民主イニシアティブ基金とラズムコフ・センターが共同で行った全国世論調査は、実施期間は2018年12月19~25日で、クリミアとドネツィク・ルハンシク両州占領地域を除く全国で2017名の成人を対象に実施されたものであり、理論上誤差は最大2.3%であるとのこと。この世論調査は、オランダ大使館のプロジェクト「MARTA」により実施資金が拠出されたと発表された。

ドンバス地方世論調査は、民主イニシアティブ基金が、ドネツィク・ルハンシク両州の政府管理地域で、2018年11月1~11日の期間に、500名の成人を対象に実施したものであり、理論上誤差は最大3.5%であると指摘された。この地方世論調査は、カナダ大使館が資金を拠出するプロジェクト「ドンバスの平和プロセスへの移行」の枠内で行われたことが説明された。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-