公共放送局監査会、アラサニヤ総裁の解任決定を採択した会議の記録を公開

公共放送局監査会、アラサニヤ総裁の解任決定を採択した会議の記録を公開

ウクルインフォルム
公共テレビ・ラジオ放送局監査会は、1月31日のズラブ・アラサニヤ同放送局総裁を解任する決定を採択した会議の会議録を公開した。

同会議録は、公共テレビ放送のウェブサイトに公開された。

同会議録によれば、監査会はメンバー16人中14人が同日の会議に出席。

会議では、アラサニヤ氏が公共放送局の憲章を回避する形で、理事会とは別に、執行責任者を筆頭とするもう一つの執行局を設置し、重要な執行機能を掌握、その結果、執行責任者は、公共放送局内で理事会メンバー以上の権限を持つ人物となっているとし、これをもってアラサニヤ氏が批判された。また、2017年7月から2018年10月までの15か月間で、権限の重複する機関の存在により、800万フリヴニャ以上が失われたと指摘された。

監査会のメンバーであるヴヤチェスラウ・コザーク氏は、アラサニヤ氏の運営下、公共放送局は、バランスの欠いた、問題のある資金運用がされ、収支報告も整理されていないと指摘した。

また、アラサニヤ氏の運営下で、同局が複数の重要な出来事(2018年夏のウクライナ統一正教会を求めた行進の放送など)を放送しなかったことが批判された。コザーク氏は、同局がアラサニヤ氏の運営により、「政権から距離を取る」という正しくない原則が採択され、報道が完全に非政治化されたと発言した。

なお、この監査会会議が開かれた時点では、同日の議題にアラサニヤ氏解任は含まれておらず、会議の途中で投票を行うことが決められた。また、アラサニヤ氏との契約破棄を決定した後、監査会は、当初定められていたその他5つの議題を審議せずに会議を終了した。その議題の中には、公共放送局の年次報告も含まれていた。

これまでの報道によれば、1月31日、公共テレビ・ラジオ放送局監査会が、期限前にアラサニヤ同局総裁との契約を破棄する決定を下していた

アラサニヤ氏は、2014年から2016年11月まで、公共テレビ・ラジオ放送局の前進である国営テレビ局の総裁を務め、その後、2017年に公募をにより新設された公共放送局の総裁に就任した。規定によれば、アラサニヤ氏の総裁職は4年間続くはずであった。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-